資産運用の提案

定期借地権事例紹介

JA八雲

平成7年 造成
区画数 4区画
造成工事費 50万円
保証金 20,000円/坪
地代金 120円/坪

道路に面していたため、造成工事費がほとんどかからなかった。
道南で始めての定借団地。

LAビレッジ

平成8年 造成
区画数 8区画
造成工事費 500万円
保証金 20,000円/坪
地代金 120円/坪

保証金の1/2で造成工事を賄い、毎年、100万円の地代収入がある。
現在、2期工事計画中である。

かたくりの里

平成11年 造成
区画数 32区画
造成工事費 3,000万円
保証金 15,000円/坪
地代金 100円/坪

定借による本格的な宅地造成。
隣接する軽工業団地と合わせて、6haの用地を開発。
住宅地としては、利便性が悪く、長期の計画で進行中。

JAほくと

平成12年 造成
区画数 4区画
造成工事費 200万円
保証金 20,000円/坪
地代金 120円/坪

保証金の1/3で造成。
JA八雲と合わせると、1300万の保証金が残っている。 AP経営などでの運用益が見込める。
地代収入は100万円/年である。