資産運用の提案

定期借地権について

  • 50年以上の貸地期限を定めて借地権を設定する場合は、更新が無いこと
  • 建物の建て替えによる機関の延長が無いこと
  • 期間満了による建物の買い取り請求をしないこと

つまり、50年後には確実に土地は戻ってきます。地主さんの権利がグッと有利になりました。

定期借地権はこんな悩みをお持ちの方のためにあります。

  • 固定資産税や相続税が負担となっている。
  • できれば、土地は売りたくない。
  • できるだけ、借金はしたくない。
  • 経営は面倒だ。
  • 専門知識が必要なわずらわしいことはしたくない。
  • 手元に現金が欲しい。
  • 相続時の対策が出来ていない。
  • 土地の活用法がわからない。

利点1 税金対策になります。

土地は、住居系地域にすることで、固定資産税や相続税を引き下げることが出来ます。

利点2 土地を売る必要がありません。

更新無しの特約つき契約ですので、50年後には確実に更地の状態で戻ってきます。

利点3 資金が不要です。

建設費の負担がありませんので、借り入れをする必要がありません。
規模によっては、一時的な借り入れが発生する場合もあります。

利点4 経営管理が容易です。

地代の入金管理のみで、わずらわしい管理や専門知識を要する経営などの心配が不要です。

利点5 安定収入が見込めます。

毎月、安定した収入が得られます。
地代は3年ごとに更新が出来ますので、物価にもスライドしていきます。

利点6 保証金が運用できます。

契約時に相当額の保証金を預かります。
それらの一部で、造成工事をし、残った資金は安全・確実な形で運用することが出来ます

保証金の運用でこんなことが出来ます。

相続対策に運用する
借地人から預かった保証金を運用して、相続税の支払いに備えることができます。
他の土地を開発する
土地Aの保証金を運用したり担保にしてお金を借りて土地Bの開発を行い、将来の売却、物納、資産分割をしやすくしておきます。
一部の土地に戸建貸家を建てる
保証金を運用したり、担保にしてお金を借りて、一部の敷地に戸建住宅を建築します。
貸家を建てると、相続の時に「貸家建付地」として土地の評価が下がるという節税効果があります。
また、建築費は地代や家賃収入でまかなうことができます。
他の土地にアパートを建築する
保証金を運用したり、担保にして、お金を借りて、他の土地にアパートを建築します。
建築費の支払いや相続時の節税効果は戸建貸家の場合と同じです。

利点7 物納ができます。

「貸地」として測量や境界を確定させますので、将来物納することが出来ます。

将来の物納や遺産分割がしやすくなります。

物納予定地を開発する
山林や農地などの未整備な土地や、交通の便や周囲の環境などから売却困難な土地の場合、あらかじめ宅造工事(商品化)しておくと相続時に物納ができます。
貸地を部分物納する
相続が発生した時、宅造工事(商品化)された宅地は、相続税額に応じて一部の貸地(低地権)が物納できます。
遺産分割がしやすい
定期借地権による貸地として整備された土地は、面積・境界線が確定し分筆されておりますので、遺産分割がしやすくなります。

利点8 立地の心配がありません。

庭付き一戸建てなら立地条件に左右されず、借り手の心配も不要です。