2×4の家づくり

工法紹介

選んだのは「木」

住む人が住まいに合わせて暮らすのではなく、住む人の暮らし方から考えられた住まい。
そこに住む「人」を原点とした住まいづくりのために、ノースランドホームは構造材として「木」を選びました。 木は、人にとっても地球にとっても、最も快適でやさしい素材。
自然の恵みに満ちた木の家は、人の暮らしを心地よく包んでくれるのです。

より心地よく

木の「熱伝導率」は、鉄の「350分の1」。
木と鉄を同時に触った時、鉄の方がひんやりと感じられるのは、熱伝導率が違うから。
熱は高い方から低い方へ流れるため、熱伝導率の高い鉄は一瞬にして体温を奪い、触ると冷たく感じるのです。
木の熱伝導率は、コンクリートの約10分の1、鉄の約350分の1。
つまり、木は鉄の約350倍の断熱性能があるということ。
だから、木の住まいは「ぬくもり」を実現できるのです。

木の「調湿作用」が快適な環境を。
木は、湿度が高ければ湿気を吸い、湿度が低く乾燥していれば湿気を放出する、という調湿作用をもっています。
この調湿作用が室内の湿度をバランスよく保ち、快適な環境をもたらしてくれます。
むし暑い夏、木の住まいは湿気をぐんぐん吸い取って室内の空気をドライに。
そして冬、カラカラに乾燥した室内ではほどよい加湿効果を。
生きている自然の素材だからできる人にやさしい快適さです。

そして、軽く丈夫。

軽さが「耐震性」を発揮。
建物に加わる地震の力は建物の質量に比例します。
たとえば地震で揺れた場合、同じ大きさの石と発砲スチロールでは、動き出したとたん制御がきかなくなるのは石の方。
したがって構造材は軽いほど地震に対して有利といえます。
木の重量は建物に用いられる他の構造材と比べて圧倒的な軽さ。
木は、耐震性に最も優れた構造材なのです。

引っ張られても、圧縮されても、「優れた強度」。
木は、その強度でもすばらしい力を発揮します。
引張力に対する強さは鉄の約2倍、圧縮力に対する強さでは、なんとコンクリートの約7倍。
さらに、伐採されてから200年〜300年間は強度や剛性が徐々に上昇し、約1000年後には新材と同程度に戻るという驚くべき強さを備えています。
軽くて強い木材は、頑丈な家づくりのためになくてはならない素材なのです。

ツーバイフォーって?

新天地を求めて移住してきた多様な民族によって作られた国、アメリカ。
北極圏・多雪地帯のアラスカ・地震の多い西海岸・砂漠地帯・湿気とハリケーンの南部・そしてシロアリの繁殖するフロリダと、過酷な気候条件の多い、そのアメリカで生まれ育ったのが、「ツーバイフォー工法」です。

ツーバイフォーの由来

ツーバイフォー工法とは

ツーバイフォー(2×4)工法は、正式には「枠組壁工法」と言われ、枠組材と面材が一体となった版(ダイヤフラム)つまり壁で支える構造です。
2×4工法の名の由来は、基本構造材として「厚さ2インチ×幅4インチ」サイズの規格材が主として使用されていることから北米での呼び名(呼称寸法)が two by fourなので、この名が付いたわけです。
丸構造材の断面サイズは2×4のほか2×6、2×8、2×10、2×12、4×4、4×6の計7種の規格材があります。

7種類だけの構造材でコストダウン

ツーバイフォー工法の構造材は、わずかに7種類です。
これが次のようなコストの違いになってあらわれてきます。
(1)製材コストのダウン
(2)作業工程が短縮できる
(3)工場生産化率が高い。

ツーバイフォー部材イメージ

ツーバイフォーの耐震性

地震に強い「6面体+構造用パネル」の威力
ツーバイフォー工法の特長は、四辺の壁、床、天井などの六面体の壁全部で家を支えていることです。
在来木造のように柱やハリで空間を支えていると、外からの圧力は、全部接合部の「点」に集中して、そこに非常に大きな力がかかってしまいます。
一方ツーバイフォー工法は壁構造。地震などの力を床などの「面」全体に分散してしまうことができますから、ヒズミ、ユガミも起こりません。
力学的にも六面体構造は合理的で最もバランスのよい構造体といわれています。

(※)
地震や台風などにより、いろいろな方向からの力を、柱や筋カイで支えます。
力は特にその継ぎ目や1本1本の部材に集中してかかります。
いろいろな方向からの力を、床や壁や天井で分散して受けてしまう6面体構造。分散された力は小さくなり、変形も起りません。

一般在来木造

ツーバイフォー工法(※)

ツーバイフォーの耐火性

木造なのに燃えにくい、ツーバイフォー
木は燃えるもの、だから木造は火に弱い…、単純にそうお考えではありませんか。
けれどツーバイフォー住宅はコンクリート系住宅と同等の耐火性があるのです。
これは、度重なる実大実験においても、はっきりと証明されています。
各室防火区画化と要所にはファイア・ストップ材、そして石膏ボードも威力を発揮。
ツーバイフォー住宅は、機密性が極めて高く、火がまわりにくい構造です。
壁・床・天井の接点には必ずファイア・ストップ材が使われており、各部屋は完全に区切られて防火区画化されているので他室へはなかなか燃え広がりません。
また壁・天井とも厚い石膏ボードを使用しているため火が構造体に届くまでは時間がかかります。

公庫認定準耐火構造

ツーバイフォーのこうした耐火性能は、公庫基準においても準耐火構造として認定され、公庫の融資金額も木造住宅に比べて大幅に増額されて貸し付けられます。

イメージ図

石膏ボードの燃焼(耐火)試験

ダイレクトシステム

ダイレクトシステムがコストパフォーマンスの高い住宅を実現します。
ノースランドホームは、コスト面の無駄を省くために、2つのダイレクトシステムを独自開発し、合理的でコストパフォーマンスの高い住宅を実現しました。

Direct 1

自社敷地内の工場で生産されるパネルはミリ単位の高精度を誇り、耐久性、耐震性、気密性、断熱性等躯体の施工精度を高め、品質の均一化を実現。
また、工場生産することで施工がスムーズになり、コスト削減にもなるのです。

Direct 2

設計からコーディネート、施工についても、下請け工務店などを過さずに、すべて直営で対応。
最新の技術を収得したスタッフにより、先進のCADシステムで設計された図面をもとに直営施工しています。
施工から仕上がりまでには、独自に設定した細かいチェック体制で品質管理を徹底。また、安心の10年保証制度をはじめ、万全のアフターメンテナンス体制も確立しています。